MENU

転職先の探し方には色々なものがある

どこかの会社に転職するには、もちろん求人を探していく事になります。その具体的な探し方は複数あって、最近ではサイトを利用している方が多いです。サイトの他にも色々な探し方があるのですが、中には少々特殊な手段もあります。

 

 

1.安定所に登録するという探し方

 

 

例えば、安定所に登録している方々は多いです。それは特殊な手段ではありませんが、数に大きな特徴があるのは間違いありません。もちろん安定所に登録した上でお仕事を探す訳ですが、他の方法よりも求人数が圧倒的に多いです。あらゆる方法の中では、一番数が多いと言われています。また安定所の職員から、転職のアドバイスを受ける事も可能です。ただし登録の期間に制限はあって、原則3ヶ月になります。

 

 

2.知人から紹介される事も

 

 

それと意外と多いのが、知人からの紹介です。転職活動を行った方は、しばしば短期間で新しい会社で内定になっています。それは、知人からの紹介なのです。お仕事を探しているという旨を友達に話してみたところ、良い転職先が紹介されて、無事に内定になったという話もしばしば聞きます。他の方法と違って、かなりスピーディーに内定になるのが特徴的です。ですから転職先を探している時には、親戚や知人にその話を広めてみるやり方もあります。

 

 

3.飛び込みアプローチという探し方

 

 

それと今なお一部の方々が行っているのは、飛び込みでの訪問です。街を歩いていれば、実に様々な企業を見かけるでしょう。そこに直接訪問して、直接声をかけてみるやり方もあるのです。また電話帳を開いて、色々な企業にアプローチしている方もたまにいます。そういう探し方に限って、意外と良い会社が見つかる事もあるのです。しかしホームページなどと違って、なかなか会社の情報が分かりづらいというデメリットはあります。

 

 

4.サービス会社に登録する

 

 

このように転職先の探し方も色々あるのですが、やはり最近はサイトで探している方が多いです。転職に関する情報をWEB検索すれば、人材サービスの会社が数多く見つかるでしょう。その会社に登録すると、転職に関するノウハウも色々教えてくれます。また案件も大量に抱えているサービス会社が多く、比較的効率良く転職を行える傾向があります。

 

知らないと損をする!『人材紹介サービス』徹底活用術|Tech総研

 

 

色々な探し方がある

 

 

ですから転職先の探し方は、

 

  • 安定所
  • 飛び込み訪問
  • 知人や友人からの紹介
  • 人材サービス会社

 

このように色々ある訳です。中には少々特殊な方法もありますが、複数の方法を併用してみるのも一法でしょう。一般的な探し方は、やはり4つ目の人材サービス会社です。